低価格物の検索が最多、オンライン不動産サイト「99グループ」

(c) TheJakartaPost

シンガポールのオンライン不動産サイト「99グループ」はこのほど、インドネシアの不動産市場では2020年上半期(1~6月)、価格が3億ルピア(約2万528米ドル)以下の低価格物件が最も検索されたと明らかにした。

低価格物件は上半期に検索された物件の30%程度を占めた。

新型コロナウイルスの流行とそれに伴う景気低迷を受け、インドネシアでは低価格物件への関心が高まっているためだという。