【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

ガルーダとシティリンク麻薬の使用で操縦士を解雇

(c) DetikFinance

国営ガルーダ・インドネシア航空、およびその子会社であるシティリンクの操縦士2人が、麻薬を使用していたとして解雇されたことが7月18日に明らかとなった。

この事件を受けガルーダは、スカルノハッタ国際空港第3ターミナルで職員122人以上に麻薬や向精神薬、常習性の薬物に関する抜き打ちの尿検査を行ったところ、結果は全員陰性だったという。しかし、今後も定期的な尿検査を行うなどして、安全で快適な空の旅を保証すると声明を出している。

シティリンクも、主に操縦士やキャビンアテンダントの尿検査を行った。