【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

オフィススペースでの感染広がりに懸念、経済活動の再開受け

(c) TheJakartaPost

インドネシアで経済活動が徐々に再開される中、オフィススペースでの感染の広がりが懸念されている。こうしたオフィススペースでは換気が十分できなかったり、人との距離をきちんと確保することができなかったりするという。

首都ジャカルタではここ最近、オフィスで働く労働者の間で新規感染が出ている。ジャカルタ保健局のまとめでは、7月26日時点でジャカルタでは68のクラスター(感染者集団)が出現した。クラスターが発生したオフィススペースは政府機関から国営企業、民間企業までさまざまだ。

こうした中、インドネシア・エクシム・バンクでは7月26日、感染拡大を防ぐためにオフィスを14日間閉鎖することを決めた。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー