【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

覚せい剤131キロを押収南ジャカルタ

(c) Kompas

南ジャカルタ警察は7月30日午前1時頃、同区クバヨラン・ラマで覚せい剤131キロを所持していた疑いで密売人の男2人を逮捕した。南ジャカルタ警察によると、覚せい剤は6個の袋に分けられ、レンガを積んだトラックに隠されていたという。

南ジャカルタ警察が過去に押収した麻薬は、数年前に覚せい剤1キロ、エクスタシーピルや大麻数百グラム程度で、今回押収したのが最も多い数量となった。

警察は、男らをスマトラ島からジャワ島経路の密売人で、同地区から流通させようとしていたとして詳しい捜査を続けている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー