バンジャルバル市長新型コロナで死去

南カリマンタン州バンジャンバル市のナジュミ・アダニ市長が10日午前2時半頃(現地時間)、入院先の病院で死去した。ナジュミ市長は、新型コロナウイルスに感染し、2週間前から入院していた。

入院中、ナジュミ市長は、人工呼吸器を装着した姿で隔離個室からビデオメッセージを送り、市長と妻が新型コロナウイルスに感染したことを公表した。また「新型コロナウイルスを軽く見ないでほしい」と全市民にメッセージを送っていた。

ナジュミ市長の新型コロナウイルス感染が確認された後は、副市長が職務を代行し、6割の職員が出勤して開庁を続け、残り4割の職員を在宅勤務としていた。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】