21年に景気刺激策へ356.5兆ルピア充当へ

(c) TheJakartaPost

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領はこのほど、同国政府が2021年、新型コロナウイルスの流行拡大とそれに伴う移動制限による景気低迷に対処するため、356兆5000億ルピア(約240億4000万米ドル)を景気刺激策のために振り向ける方針だと明らかにした。これにより景気回復を促す意向だ。

2021年の景気刺激策に対する予算には、中小企業の支援事業の予算などが含まれる。

ジョコウィ大統領は「我々はいくつかの側面の改革を進めながら、景気回復に向けたプログラムを継続する」と説明する。

インドネシア政府はさらに、保健医療部門に対し、2020年には25兆4000億ルピアを振り向ける意向だ。

これにより新型コロナウイルスのワクチンの調達や医療機関の支援などを行う見込み。