【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

強風で航路変更ガルーダインドネシア航空

(c) Kompas

東ヌサトゥンガラ州クパン市で8月27日、国営ガルーダインドネシア航空機が強風により航路変更を余儀なくされた。

国営空港会社アンカサプラによると、同機はバンテン州スカルノハッタ空港を離陸し、クパン市のエルタリ空港へ向かっていたが強風による悪天候で着陸を断念。南スラウェシ州マカッサルへ航路を変更した。

同機は午後7時頃(現地時間)到着予定だった。インドネシア気象庁によると、当時の最大瞬間風速は50キロ。強風は2日間連続で観測された。

 

記事カテゴリー