【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

ジャカルタの大気汚染 51兆ルピアの経済損失か

世界各地の大気汚染の実態を調査するエアビジュアルが公表したデータによると、ジャカルタは7月29日時点で最も大気汚染が深刻な都市で、「健康に良くない」カテゴリーに属している。
含鉛燃料撲滅委員会(KPBB)のアフマド・サイフディン委員長は、大気汚染が社会に及ぼす悪影響は健康被害のみならず、経済活動にも生じ、2016年の経済損失額は51.2兆ルピアにも上ると述べた。この額は、ジャカルタ市民が大気汚染によって生じた健康被害を治療するために支出されたと算出されたもので、健康被害には呼吸器感染症、肺炎、気管支炎、喘息、冠動脈疾患、癌、腎機能障害、小児のIQ低下、高血圧、頭痛、眼や皮膚の刺激、精神障害などが含まれている。
前日のジャカルタにおける大気質指標(AQI)は195(範囲は0~500)で、同指標はPM2.5、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄など複数の汚染物質の量をもとに算出されている。

 

記事カテゴリー