【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

オンライン授業をしない両親が苛立ち子どもを殺害

(c) Kompas

バンテン州レバック県チジャク郡にある公共墓地で12日、埋められた女児(8)の遺体が発見された。ここ数週間、付近で死者がいないにも関わらず、墓地に埋葬された跡があることに気づいた近隣住民が不審に思い掘り起こしたところ、服を着たままの状態で埋められた女児の遺体を発見、警察へ通報した。警察の調べから、両親が殺害に関わったと判明し、2人が逮捕された。

事件があったのは、8月26日。同州タンゲラン県タンゲラン市ラランガン郡の借家で同居していた小学校1年生の女児に対し、オンライン授業でうまく学習できないことに腹を立てた母親が、手のひらで殴るなどして暴行を加えた。その後も母親の暴行はエスカレートし、ほうきで頭部を叩くなどして女児を死亡させた。

父親も母親の暴行には気づいており、その後は遺体の運搬や埋葬をほう助したとみられている。警察は、引き続き両親を詳しく取り調べている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー