財務省、GDP見通しを下方修正

(c) Kompas

スリ・ムルヤニ財務相は9月22日、2020年の第3四半期の国内総生産(GDP)の実質成長率がマイナス2.9%からマイナス1.1%の間になる見通しを示した。

第2四半期の成長率もマイナス5.32%で、第4四半期の成長率もマイナスになる可能性が高く、全体として2020年の成長率は、マイナス1.7%からマイナス0.6%の間となると明らかにした。

8月に示したマイナス1.1%からプラス0.2%の間との予測を下方修正した同相は、インドネシア経済の景気後退が避けられない事態となっている認識を示した。