【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

統一地方首長選挙候補中部バンカ県知事が新型コロナウイルスで死去

(c) kompas

バンカ・ブリトゥン州中部バンカ県のイブヌ・サレー県知事(58)が4日早朝、新型コロナウイルスにより入院先の病院で死去した。

イブヌ県知事は、270の州・県・市で行われる統一地方首長選挙(12月9日投票)の候補者だった。選挙キャンペーンは先月26日から開始されたが、イブヌ県知事は翌日体調不良で診察を受けていた。

その際、新型コロナウイルスの簡易検査も陰性が確認されたため、その後はすぐに選挙活動を再開していた。しかし今月に入って咳や息切れの症状が出たため、保健所で検査を行うと陽性と診断され、入院していた。

イブヌ県知事のほかに、妻や子供、また共に出馬しているヘリー・エルフィアン氏も感染が確認され、隔離治療が続けられている。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー