【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

国営企業がジョコウィ大統領選挙戦のボランティアをコミサリスに任命

(c) Kompas

ジョコ・ウィドド大統領のかつてのソロ市長選挙や大統領選挙の選挙活動において、献身的に選挙活動を支え、またSNSなどによる広報活動に貢献したとして、ボランティア3人がその功績を評価され、国営企業のコミサリスに任命された。

任命されたのは、ウリン・ユスロン氏(インドネシア観光開発公社)やエコ・スリストヨ氏(国営電力会社)、ダヤハ・カルティカ・リニ氏(ジャサ・ラハルジャ国営企業)で、各国営企業の公式インスタングラムで公表された。

インドネシアの国営企業のコミサリスは、警察や国軍関係者、退役軍人、政府機関の高官などから構成されていることが多く、選挙活動で貢献したボランティアもその報恩として任命された。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー