【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ヘロイン運搬の運転手に死刑判決

(c) TheJakartaPost

北スマトラ州メダン市のメダン地方裁判所で22日、ヘロインの運搬を行っていた罪でベチャ(三輪自転車タクシー)の運転手が死刑判決を受けた。

この運転手の名はズルキフリ、年齢は44歳で、52キログラムのヘロインの運び屋として違法取引に関わっており、2009年麻薬取締法114条2項に違反したとして有罪となった。

判事らによると、有罪となった要因の一つは、政府が違法薬物の取り引きを根絶させようと努力しているにも関わらず違法取引に関わったことだという。

ズルキフリは控訴するかどうかを1週間ほど考えると自らの弁護士に話しているという。国家麻薬委員会(BNN)は2019年12月10日に、アルウィという人物に届けるためにベチャでヘロインを運んでいたズルキフリを逮捕した。

逮捕後、ズルキフリの自宅からは約50キロのヘロインと6千万ルピアの現金が見つかっている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー