ジョコウィ大統領影響力のあるムスリムに選出

世界中で最も影響力のあるムスリム500人を年に一度公表しているウェブサイト「The Muslim 500」(themuslim500.com)において、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が今年もランキング入りを果たした。昨年は13位だったが、今年は12位に上昇した。

同サイトではジョコウィ大統領が2019年の大統領選で55.5%の票を獲得して勝利したことなどを紹介している。ジョコウィ氏は2015年に大統領に就任した後は毎年20位以内にランク入りしている。

ジョコウィ氏以外ではインドネシア国内最大のムスリム団体であるナフダトゥール・ウラマの議長(18位)と中部ジャワ州の高名なイスラム指導者(32位)の2人がインドネシアからランク入りしている。