インドネシアで害虫防除サービス開始 日本の技術で人の命を守る|フマキラーインドネシア

フマキラーインドネシアは1990年の設立以来、インドネシアで一般消費者向けの殺虫製品の製造・販売を行ってきたが、このたび、害虫防除サービス業務を開始した。

既に多くの害虫防除会社がインドネシアに存在する中、フマキラーは日本で培った知見と技術で、高効力かつ人や環境に安全な薬剤を選定し、従来の業者とは差別化した施工を行うとしている。

また、サービスだけでなく、業務用製品の開発も進めており、今後は製品も合わせインドネシアで幅広く提供していく考えだ。

現在、今年4月に開校したチカラン日本人学校や、日本人向けサービスアパートLe PremierKota Deltamas(ル・プルミエコタデルタマス)や、Little Osaka Food Town (Loft) 内にある飲食店(道頓堀、キッチン88、Jinx、GSラウンジ、和牛焼肉店 寿楽)へ既にサービスを提供しているという。

同社は今後、一般住宅の害虫防除や飲食店など幅広くサービスを提供し、消費者に安心安全を提供していきたいとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です