【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

サンデイアガ観光創造経済相バタム訪問 新型コロナ対策を評価

(c) AntaraNews

1月22日、ジャカルタ首都特別州前副知事で現在観光創造経済大臣を務めるサンディアガ・ウノ氏がバタム島(リアウ諸島)を訪問し、ハン・ナディム国際空港到着後に行った記者会見で同地の新型コロナウイルス(COVID-19)対策を大変評価していると述べた。インドネシア全体では新規感染者数が依然として増加傾向にあるが、バタム島では、過去2週間の新規感染者数が減少傾向にある。

また、インドネシア政府が全渡航者に義務付けている健康状態申告書(HAC)の電子版(eHAC)システムについても評価した。

サンディアガ大臣は、新型コロナウイルス対策には「3M(マスク着用・手洗い・ソーシャルディスタンス)」が重要であると呼びかけた。大臣は、同地で観光事業者との会議に出席した後、同じくリアウ諸島に属しシンガポールからフェリーで訪れることができるビンタン島を訪問する。

 

記事カテゴリー