【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

低所得世帯に6兆5300億ルピアの現金給付、ラマダン時期の支出向けに

(c) TheJakartaPost

インドネシア政府はこのほど、低所得世帯900万世帯を対象に、総額6兆5300億ルピア(約4億4808万米ドル)の現金給付を実施する計画だと明らかにした。新型コロナウイルスの流行拡大により景気が低迷する中、現金給付により、イスラム教の断食月(ラマダン)期間中の家計を支援する意向だ。

今回の現金給付は、家族希望プログラムを通じた現金給付は2021年に入って2回目。インドネシア政府は1月にも低所得世帯を対象に、6兆8200億ルピアの現金給付を実施している。

対象となる世帯に関しては、妊娠中の女性や就学中の児童、障害のある人、高齢者がいる世帯。

さらに追加的な支援も実施される見通しだ。