【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

国会がイスラエル商品のボイコットを政府に要求

(c) Tempo

国会(DPR)第8委員会は5月23日、イスラエル製品をボイコットするよう政府に方針の決定を求めた。ヤンドリ・スサント委員長は、パレスチナにおけるイスラエル軍の非人道的な攻撃に抗議するため、イスラエル製品の不買運動や外交断絶を強く要請している。

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は、イスラエルに攻撃を中止するようすでに求めており、また米国大使館前では「アメリカはイスラエルの自国防衛権利を支援した」としてアメリカ製品とイスラエル製品のボイコットを呼びかける全インドネシア青年委員会(KNPI)によるデモが起こっている。

中央統計局によると、2020年第1四半期にインドネシアはイスラエルから紙巻きたばこの機械やデーツなどの食料品、エンジン部品など総量約144トン、総額約178万ドル相当を輸入している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー