【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

オンライン事業者に新たな法規制を義務化 違反の場合サービス遮断か

(c) Kompas

インドネシアの通信情報省が5月24日に施行した大臣規則に基づき、フェイスブックなどプライベート用電子システム運営事業者(PSE)は同規則施行日から6か月以内にインドネシア国内にて事業者登録を行うことが義務付けられた。

その後、OSS-RBAシステムの開始から6か月以内に延長されたので、現時点では12月2日が登録の期限とされている。

通信情報省は、オンライン事業者らが本規則に従わない場合は、制裁として行政処分を科し、当該サービスの遮断を行うと発表している。

登録が義務付けられる対象事業者はフェイスブックのほか、ワッツアップ、グーグル、ツイッター、ティックトック、ゴジェック、グラブ、トコペディア、ブカラパックなどで、5月26日時点でグーグル、ゴジェック、トコペディア、ショッピー、テレコムセル、マクドナルドなどが登録を行った。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!