【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

インドネシア国内向けLNG・天然ガスの長期供給で覚書を締結|国際石油開発帝石株式会社

国際石油開発帝石株式会社は、子会社であるインペックスマセラアラフラ海石油株式会社を通じて、アバディLNGプロジェクトをShell社と共にアラフラ海マセラ鉱区にて推進している。同社は2月19日、インドネシア国営電力会社PT PLNおよび国営肥料会社PT Pupuk Indonesiaとの間で、同プロジェクトからインドネシア国内向けへのLNGおよび天然ガスの長期供給に関する覚書を締結した。

両社の覚書は、PLNが保有・運営に関与するインドネシア国内の天然ガス火力発電所向けのLNG、およびPupuk Indonesiaが建設を予定している化学品工場向けへの天然ガス(日量1億5千万立方フィート)をそれぞれ長期供給することを念頭に、両社の間でLNGおよび天然ガスの販売・調達に関する協議を開始することなどが盛り込まれている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー