【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ジョコ・ウィドド大統領、パンデミックに関わらず子どもたちの健康と幸せを祈る

(c) Kompas

インドネシアの「Hari Anak National(子どもの日)」である7月23日、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は西ジャワ州ボゴールのイスタナ(大統領宮殿)から全国の子どもたちへオンラインでメッセージを贈った。

ジョコウィ大統領は、「パンデミックに関わらず、皆さんの健康と幸せを祈っています。学校に行けなくても、これからも頑張り続けましょう。

みなさんは、インドネシアの未来です」と新型コロナウィルスの感染再拡大を受け、対面授業の再開目処が立っていない子どもたちを励ました。また子どもの日のテーマが毎年掲げられており、今年のテーマ「子どもたちを守り、インドネシアを発展させよう」と女性エンパワーメント・児童保護省(PPPA)が動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信した。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー