【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

ジャカルタでのコロナ対策 健康プロトコル違反者は犯罪者として対処する

(c) Tempo

ジャカルタ地方議会で新型コロナウィルス感染症に関する地域条例2020年第2号改定を巡り、議論となっている。

地域条例制定の責任者であるパンタス・ナインゴラン氏は7月21日、「保健プロトコル違反者は刑事罰に相当し、犯罪者として対処するべきだ」との見解を述べた。

ジャカルタ州政府は、新型コロナウィルス感染症再拡大による陽性者や死亡者の激増を考慮した地域条例の改定を提案しており、議会でも現行の地域条例では保険プロトコルを厳格化するために効果的でないとの意見が出ている。

同氏によると、制裁は罰金となる可能性が高いが、懲役刑の代替案もあるという。保健プロトコルに違反した個人および企業がその対象となる。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!