【重要】LINE公式アカウントを統合&キャンペーン実施 友だち登録して続報をお待ちください

ジャワ~バリ間空路 PCR義務付け断念 抗原検査可に

(c) DetikNews

インドネシア政府は11月1日、ジャワ~バリ間空路移動規制の内容を変更し、搭乗条件として迅速抗原検査の陰性証明書を受け付けると発表した。これによって、ジャワ・バリ以外の国内線と同じく、搭乗条件は最低1回のワクチン接種証明書および出発前72時間内に検体を採取したPCR検査の陰性証明書または出発前24時間以内に検体を採取した迅速抗原検査の陰性証明書で統一された。

政府は先月24日にジャワ・バリを発着する航空機搭乗者に対してPCR検査を義務付ける通達を発出していたが、PCR検査の価格は抗原迅速検査に比べ高額であるため、搭乗客や観光協会から反発の声が相次いでいた。

会見を行ったムハジル人材開発・文化担当調整相は、現在131の県と都市で新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあり、クリスマスシーズンに向け人流抑制のための新たな規制が必要になる可能性を示唆した。

 

記事カテゴリー