インターネットの普及スピード、以前から鈍化

(c) TheJakartaPost

インドネシアにおけるインターネットの普及スピードが鈍化している。

統計局によると、インターネットの普及率は2020年に53.73%となり、前年の47.69%から上昇した。人口の半分以上がインターネットにアクセスしていることになる。一方、インターネットの普及率の伸びは鈍化している。伸び率は2018年から2019年が7.79%だったが、2019年から2020年の伸び率は6.04%にとどまった。

インドネシア・インターネット・プロバイダー協会(APJII)は「すでにインターネットの普及率が高い水準まで来ていることが伸び率鈍化の要因だ」とみている。

ただし、インターネットの普及率はシンガポールが75.9%、マレーシアが89.6%で、インドネシアの普及率は近隣諸国に比べてまだ低い水準だ。