【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

エアアジア、国内9路線を再開

(c) Liputan6

インドネシア・エアアジア航空は11月22日、国内線9路線の定期便を12月中に再開すると発表した。

再開を予定している定期便は、ジャカルタとバリ、ロンボク、メダン、パダン、ポンティアナック、プカンバル間、バリとバンドゥン、スラバヤ間、メダンとジョグジャカルタ間を結ぶ計9路線。便数が最も多いジャカルタ・バリ間では、週28往復を計画している。

エアアジアは国内線再開にあたり、新型コロナウイルスの感染状況を調べるためのPCR検査および抗原検査の提供を開始する。また無料受託手荷物の上限重量を、これまでの15キロから20キロへと引き上げた。これは家族と旅行したりお土産を持ち帰りたいという顧客の要望に答えたものだという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!