ボロブドゥールマラソン2021開催

(c) Kompas

中部ジャワ州マゲラン県で、11月27日に「ボロブドゥールマラソン2021」が開催され、男性ランナー26人、女性ランナー16人が参加した。

午前5時に中部ジャワ州ガンジャル知事によりスタートの合図が切られ、男性ランナーがスタート。アグス・プラヨゴ選手が2時間32分21秒で優勝した。アグス選手は今年10月にパプア州で開催された国民体育大会(POM)でも、5000メートル、10000メートル、42キロの3部門でメダルを獲得しており、POMで優勝した際の2時間33分09秒という記録を48秒更新。ガンジャル知事から、1000万ルピアのボーナスが贈られた。

ガンジャル知事は「国内のマラソンの記録保持者は、故エデゥアルドゥス・ナブノメ選手の2時間19分18秒。インドネシア新記録達成となれば、2000万ルピアのボーナスを贈る予定だった。しかし、十分に素晴らしい結果だ」とアグス選手の活躍を称賛した。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!