【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

スメル山が噴火

(c) CNN Indonesia

東ジャワ州ルマジャン県のスメル山(標高3676メートル)が4日午後3時半ごろ噴火した。

国家災害対策庁(BNPB)によると、5日までに少なくとも14人が死亡、56人が重軽傷を負った。避難者は、約1300人に上る。火砕流が広範囲に広がって多数の家屋が数メートルの堆積物で埋まっており、死傷者や行方不明者は増える恐れがある。BNPBや国軍がヘリコプターや重機を派遣し、本格的な救出活動が開始しており、行方不明者の捜索も行われている。

当局は、スメル山が再び噴火する可能性もあるとして、住民に警戒をよびかけている。
ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は5日、不明者の捜索や負傷者の治療、避難者へ物資の支援を早急に行うよう関係当局に指示した。

 

記事カテゴリー