【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

西スマトラ州で地震 死傷者多数

(c) Kompas

西スマトラ州パサマンバラット県で2月25日午前8時40分ごろ、マグニチュード(M)6.1の地震が発生した。この地震で4~6歳の子ども2人を含む7人が死亡し、85人が負傷をした。学校や住宅などの建物410軒が全半壊し、5000人以上が避難を余儀なくされている。

気象庁(BMKG)によると、震源地はパサマンバラット県から北東12キロ地点、震源の深さは10キロ。陸側のプレート内部での断層運動により発生する地殻内地震と見られている。この地震による津波は観測されていない。本震の4分前にM5.2の前震、本震発生後から1時間以内に計15回の余震が観測されている。

同県では過去にも強い地震が発生しており、1822年、1892年、1926年にM7、1971年にM6.1の地震が観測された。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー