【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

補助金燃料の購入をシステム管理 5州で試験導入

(c) Liputan6

国営石油プルタミナの子会社プルタミナ・パトラ・ニアガは、政府の補助金対象ガソリンである「プルタライト」の購入を、専用システム「マイ・プルタミナ」を通して行い規制すると明らかにした。7月1日より、西ジャワ州、ジョグジャカルタ特別州、西スマトラ州、南カリマンタン州、北スラウェシ州の5つの州で試験導入する。

専用アプリを通して販売量の制限を行うのは、プルタライトの他、補助金対象軽油の「ソラール」も対象となる。

同社は、プルタライトおよびソラールの購入規制がなく対象者以外も購入できる現状では、政府からの1年間の補助金割り当てが不足してしまう可能性があると説明した。

プルタライトおよびソラールの購入対象者は「マイ・プルタミナ」のウェブサイトまたはアプリケーションより車両と身分登録を行う必要がある。データ照合後に専用QRコードを受け取り、ガソリンスタンドでコードの読み取りを行うことで購入が可能となる。

 

記事カテゴリー