【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

新スポット「Old Shanghai」が堂々誕生!上海の食と文化を堪能

(c) cdn.idntimes.com

ジャカルタ在住者に朗報。友人や家族と週末に遊びに行ける新スポット、上海のグルメと文化を堪能できる「老上海(Old Shanghai)」がセダユシティにオープンした。

1万4515平方メートルの敷地内全面には、上海の街の雰囲気を感じさせる建築物が立ち並び、建物内のインテリアデザインもすべて中国風で統一されている。龍の小径、仏塔、池、中国風東屋、広場などのエリアはいずれもフォトジェニック。また龍と不死鳥、ライオンダンス、孫悟空、京劇、路上の小さな商店の様子などを描いたたくさんの壁画も人気の撮影スポットとなること間違いない。

80以上のテナントが入る「老上海(Old Shanghai)」の一番の魅力はなんと言ってもグルメ。「Mutiara Restaurant」「Ponggol Nasi Lemak」「Croco by Monsieur Spoon」など、伝統的な中国料理だけでなく、ヌサンタラ料理やモダンなストリートフードまで、今話題のテナントが一堂に揃っている。

営業時間は、平日は午前10時〜午後10時、週末は午前7時〜午後11時。子供向けのゲームや乗り物もあり家族連れもゆっくり楽しめる。礼拝室、駐車場、ATMなどの設備も充実していて安心だ。今週末どこに行くか迷ったら行ってみて。

 

記事カテゴリー