【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

配送業者の倉庫で火災 デポック

(c) Kompas

デポック市にある配送業者JNEのチマンギス倉庫で、12日未明に火災が発生し、倉庫内にあった顧客の配送物などが焼失した。同社は補償する意向を示している。

火災により倉庫の壁が崩壊するなどして近隣住民が負傷した他、周辺の住宅4軒に火が燃え広がるなど被害が拡大した。消防車15台が出動し、5時間以上かけて消火作業が行われた。

また、この倉庫にはインドネシアのアウトドアメーカー「Eiger Adventure」の製品が多数保管されていた。Eigerは同日、火災の影響で約20万個の製品を焼失し、その損失額が500億ルピアにのぼると明らかにした。すでに受けた注文もキャンセルせざるを得ない状況で、SNSを通じ顧客へ謝罪した。
なお、出火原因については調査中である。

 

記事カテゴリー