【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

サッカー場暴動 主原因は催涙ガスと報告

(c) DetikNews

カンジュルハン・スタジアムで10月1日夜、試合後の暴動による混乱で132人が死亡した事件で、マフッド政治・法務・治安担当調整大臣が率いる事実調査独立合同チームは、警察が使用した催涙ガスが多くの犠牲者を出した混乱の主原因であるとの調査結果をまとめ、政府に提出した。

専門家によると、催涙ガスには複数の化学物質が含まれており、刺激性が高く、特に密室での使用は人体への悪影響が大きい。今回サッカー場で使用された催涙ガスは量が多く濃度が高くなっていたため観客席のように半屋内のような場所では死に至るほどの重篤な健康被害を引き起こしたとみられる。催涙ガスから逃れるために出口に殺到した観客が将棋倒しになるという二次被害も発生した。

国家警察は本件を受けて記者会見を開き、今後サッカーの試合では催涙ガスを二度と使用しないとの声明を発表した。また、観客の安全を最優先とする試合安全規則の策定を急いでいると付け加えた。

 

記事カテゴリー