【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

34メートルの津波来襲の可能性=研究報告

(c) TheJakartaPost

インドネシアの研究者が学術誌ナチュラル・ハザードに報告した内容によると、ジャワ島とスマトラ島周辺でマグニチュード8.9の地震が発生した場合、最大34メートルの津波が発生する可能性がある。ただし、時期は明らかにされていない。

研究者らは、西ジャワ州の南海岸とスマトラ島南東部で高い地震活動を発見し、巨大地震を引き起こす可能性があると報告している。また、2009年から2020年までのデータに基づいて津波の高さを評価し、スマトラ島とジャワ島沿岸の津波高はそれぞれ平均11.8メートルと10.6メートルとしている。

アチェ州では、2004年12月26日にマグニチュード9.1の地震が発生し、津波で約18万人が死亡するインドネシア史上最悪の惨事となった。
別の研究によると、ジャワ島南西部の巨大地震は500年に一度発生する可能性がある。

 

記事カテゴリー