ブロモにガラスの橋完成 新観光名所に

東ジャワ州にあるブロモ山一帯の国家観光戦略地域に、ガラスの橋「Seruni Point(スルニ・ポイント)」が完成した。深さ80メートル以上の渓谷の上に架けられ、ブロモ山観光の新しい名所になると予想される。

このガラスの橋は2021年9月に、公共事業・国民住宅省によって建設が開始された。プレオープンは年末頃を予定している。入場料はまだ発表されていない。長さは120メートル、幅は両端と中央部分が3メートル、それ以外の部分が1.8メートルで、同時に100人まで乗ることができる。事前のテストではガラスの橋の耐用重量は9トンだった。ガラスは二重構造となっており、厚さは25.55ミリ。

ガラスの橋からは南部にスメル山、ブロモ山、バトック山の3つの活火山が一望できる。