【特別企画】バリのホテルや嬉しい賞品があたる読者プレゼントキャンペーン!詳細はコチラ

ガルーダ、22年の定期運航率が世界一

(c) maribicaranews.com

イギリスの航空調査会社OAGが発表した最新の報告書によると、2022年の定時運航率でガルーダ・インドネシア航空が95.63%となり、世界1位に輝いた。ガルーダ航空は2019年にも同じ称号を得ている。

イルファン・スティアプトラ社長は取材に対し「パフォーマンスとサービスの質を最大限に高める弊社の一貫性が形となった。航空業界の動きが激しい中、特にこの3年間は、フライトサービスの質を保つことが大原則と考えてきた。またすべての成果は、ステークホルダーや従業員、利用者のサポートと切り離せないと認識している。この実績を励みに、今後も安全で快適かつ時間通りのフライトサービスを提供し、社会に貢献したい」とコメントした。

 

記事カテゴリー