【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

四輪車累計生産300万台を達成 | スズキ株式会社

スズキ株式会社は、インドネシアの四輪・二輪生産子会社スズキ・インドモービル・モーター(SIM)が12月6日に四輪車累計生産300万台を達成したと発表した。また、1月16日にチカラン工場で記念式典が行われた。

SIMは1976年3月にプロガドゥン工場で四輪車の生産を開始した。1991年にタンブン工場、2015年にチカラン工場で生産を開始し、現在はキャリイ、XL7などを生産している。

今回、46年9カ月で四輪車累計生産台数300万台を達成した。なお、300万台目の車両はチカラン工場で生産された「エルティガ ハイブリッド」だったという。

 

記事カテゴリー