5/14-15 チカラン・ジャカルタで交流会開催!詳細はこちら

ガルーダ、パリでの訴訟に勝訴

(c) TheJakartaPost

国営ガルーダ・インドネシア航空の子会社であるガルーダ・インドネシア・ホリディ・フランス(GIHF)はこのほど、航空機リース会社2社(Greylag 1410およびGreylag 144)が取った法的措置からの解放を求めパリで訴訟を起こし、これに勝訴した。

パリ民事裁判所は、Greylag社が2022年に仮差押手続きに基づきGIHFの口座を一時的に差し押さえた件について、口座を解放するよう判決を下した。また、Greylag社に対し、差し押さえによって生じた費用と損害に対して23万ユーロ(24万4703米ドル)を支払うよう命じた。裁判所は、Greylag社の差し押さえ請求に強い法的根拠を見いだせなかったとしている。

ガルーダ・インドネシア航空のイルファン社長は、Greylag社の行動は法律に反している一方で、同社の再建計画は法律に則り全ての債権者との長い話し合いを合意されたことを強調しなければならないとコメントした。