海外初、軽商用EVの現地生産へ | 三菱自動車工業株式会社

三菱自動車工業株式会社は2月16日、軽商用電気自動車(EV)の「ミニキャブ・ミーブ」を、2024年からインドネシアの生産合弁会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)で生産すると発表した。ミニキャブ・ミーブの海外での生産は初めてとなる。

ミニキャブ・ミーブは日本メーカー唯一の軽商用EVで、駆動用バッテリーと小型・軽量・高効率なモーターなど、世界初の量産EV「アイ・ミーブ」で実績のあるEVシステムを搭載している。

日本では、配送業などを中心に2011年12月より販売を開始したものの、一度生産を終了した。しかし、カーボンニュートラル社会の実現に向けて各方面で脱炭素化の取り組みが加速し、サステナブルな事業活動を展開する物流関係や自治体などで軽商用EVの需要が高まり、2022年11月に再販売を開始した。