プドゥリリンドゥンギが「サトゥセハット」に変更

(c) Kompas

保健省はこのほど、これまで新型コロナウイルスワクチンの接種記録などに使用してきた保健アプリの「プドゥリリンドゥンギ」を「SatuSehat(サトゥセハット)」に変更すると発表した。

変更は段階的に行われ、まずは3月1日からiPhoneユーザー(iOS)で開始し、追ってAndroidにも対応する。以前にプドゥリリンドゥンギに登録していたユーザーの場合、サトゥセハットにアップデートした後、手順に従って進み、プドゥリリンドゥンギで登録していた電話番号またはメールアドレスを入力してログインすれば自動で情報が引き継がれることになっている。

サトゥセハットでは新たに本人やその家族の健康に関する全般的な情報を一元管理できるようになっており、身長や体重、血圧などのデータから、電子カルテや薬の購買履歴までをひとつのアプリで記録できるようになる。