5/14-15 チカラン・ジャカルタで交流会開催!詳細はこちら

輸出、6カ月連続で減少

(c) TheJakartaPost

インドネシアの貿易収支は34カ月連続で黒字を達成したものの、輸出入ともに減少傾向にあり、世界経済の減速を反映している。

中央統計局(BPS)は、2月輸出額は214億ドルで前月よりも4.2%減少したと発表した。輸入額は13.7%減少し159億米ドルで、2月の貿易収支は54.8億米ドルの黒字となった。輸出入ともに昨年の9月以降、12月に年末需要の高まりにより輸入が増加したことを除いて、一貫して減少している。

輸出の減少は、石炭と粗パーム油(CPO)の世界価格の下落や、アパレルや家具などの製造品の需要の減少に起因している。一方で、輸入については「電気機械、設備およびその部品」カテゴリーで金額ベースで15.2%、次いで「機械、機械器具およびその部品」カテゴリーで7.3%減少した。