闘争民主党、大統領候補に中部ジャワ州知事を指名

(c) JakartaGlobe

最大与党の闘争民主党(PDI-P)は4月21日、中央ジャワ州知事のガンジャール・プラノウォ氏を2024年に行われる大統領選挙の候補者に擁立することを決定した。

PDI-PのYouTubeアカウントで党会議がライブ配信され、ジョコ・ウィドド大統領も列席する中、メガワティ・スカルノプトリ党首がプラノウォ氏の指名を発表した。

ガンジャール氏は2013年から中部ジャワ州知事を務め、いわゆるインドネシアの政治エリート以外の世代だが、改革、効率、透明性の実績によって有権者の支持を築いた地方指導者の一人。しかし、インドネシアが開催を予定していたFIFA U-20ワールドカップにイスラエルが参加しないよう呼びかけた他州の知事に賛同したことから人気が急落していた。4月に行われた世論調査では、プラボウォ国防相がガンジャール氏に対して5ポイントのリードを奪っている。