インドネシア人の面接適正検査ツールを解説!詳しくはこちら。

東ヌサトゥンガラ州の2県に狂犬病非常事態を宣言

(c) Kompas

保健省は6月3日、東ヌサトゥンガラ州の2県に対し狂犬病に関する非常事態(KLB)宣言を行った。

同省感染症対策管理局のイムラン・パムブディ局長は、南中部ティモール県での狂犬病の感染確認は初であり、非常に危険な状況だと説明した。発表資料によると、感染が確認されたのは南中部ティモール県およびシッカ県の2県で、これまでに11人が死亡している。同省は今年、狂犬病ワクチン24万1700本、抗狂犬病血清(SAR)1650本を供給し、各県の症例数に合わせて分配する計画だ。

狂犬病は、主に狂犬病ウィルスを持つ犬やネコの唾液が、人間の傷口や、まぶたや唇のように粘膜に近い部位から入ることによって感染する。東ヌサトゥンガラ州以外では、バリ州、南スラウェシ州、西カリマンタン州、西スマトラ州、北スラウェシ州で感染報告があり、同省は引き続き警戒を呼びかけている。

 

記事カテゴリー