アルファマートオーナー、6兆ルピアの資産減

(c) finance.detik.com

6月3日にフォーブス誌に掲載された情報によると、インドネシアのミニマート(コンビニ)大手のアルファマートを所有するジョコ・スサント氏の資産が、前回の記録から4億米ドル減少し、41億米ドルとなった。しかし、インドネシアの長者番付における順位は上昇した。このことからも、インドネシアの富豪たちの資産は景気の影響を受け乱高下していることが分かる。

一方、インドマレットのオーナーで、インドネシアで大人気の即席麺インドミー(インドフードが製造・販売)も手掛けるアンソニー・サリム氏の総資産は、フォーブスによると2022年12月時点で75億米ドルとなっている。ただし、ブルームバーグが公表している長者番付によると、2023年5月時点で56億3000万米ドルで、双方に解離がある。

これらコングロマリット企業のオーナーたちは、複数の企業の株式を保有することによって資産の大部分を形成していると考えられている。