ジャカルタ・ボゴールを試験運行 トランスジャカルタ

(c) CNN Indonesia

公共バス「トランスジャカルタ」を運営するトランスポルタシ・ジャカルタ(トランスジャカルタ)は6月7日、来月からジャカルタと西ジャワ州ボゴールの路線を試験的に運行すると明らかにした。同州チブブールを経由する。

同社ウェルフィゾン・ユザ社長は、運賃や使用車種、ボゴールの出発地点、事業計画など詳細については協議中だと説明した。

アンタラ通信によると、ボゴール市のビマ・アルヤ市長とジャカルタ特別州のヘル・ブディ・ハルトノ知事代行は、5月4日に同区間の移動手段について協議した。その後、ボゴール市の公営企業トランスポルタシ・パクアン・コタ・ボゴールとジャカルタ運輸局が、ボゴール市のバス高速システム「ビスキタトランスパクアン」とジャカルタの「トランスジャカルタ」の業務提携についての覚書(MOU)に署名した。