ビンファスト、インドネシアに工場建設へ

(c) TheJakartaPost

ベトナムの電気自動車(EV)メーカー、ビンファストはこのほど、インドネシアを含むアジア地域での事業を拡大する意向だと明らかにした。2026年にインドネシア市場への製品供給を開始するほか、同国に生産拠点を設置する見通しだ。

ベトナムの富豪ファム・ニャット・ブオン氏率いるコングロマリット(複合企業)ビン・グループ傘下のビンファストは先に米国の証券取引委員会(SEC)に提出した書面で、長期的にインドネシア市場に約12億米ドルを投じる計画だと説明した。

投資額のうち2億米ドルはインドネシアでの生産拠点の整備に投じる。インドネシア工場は3万~5万台の年産能力を持ち、2026年に生産を開始する見込みだ。

2億7000万人の人口を抱えるインドネシアは世界的なEVメーカーを引き付けている。一方、インドネシアで走行する自動車に占めるEVの割合は1%に満たない。