意外性ならどんな宝石にも負けない⁉︎世界初のMSG製ジュエリー

(c) wolipop.detik.com

国内大手食品・調味料会社PTササ・インティは、グルタミン酸ナトリウム(MSG)を使用したジュエリーコレクション「PerhiaSan by Sasa」を発売開始。10月5日〜8日にICE BSDで開催されたブライドストーリーマーケットにて初めて一般に展示公開された。

うま味調味料として長年一般的に使用されてきたMSGは、米国の科学者が発表した論文が発端で、その真偽は証明されていないにも関わらず、近年では多くの人に「健康に害を及ぼす可能性がある物質」と認識され避けられている。同社は「グルタミン酸ナトリウムの原料は天然原料です。弊社ではさとうきびの糖蜜を発酵させ、その過程で生成されたグルタミン酸を取り出して結晶化させています。MSGの78%はグルタミン酸、残りの22%はナトリウムと水で構成されています」と公式声明で安全性を強調した。

発表されたジュエリーは、さとうきびの糖蜜を原料に生成し結晶化したグルタミン酸ナトリウムの原石をリングに加工したもの。イベントを通して同社は新商品を披露するとともに、ゼロからクリスタルが作られジュエリーに加工されるまでの過程を詳しく伝え、訪問者に興味深い体験を提供した。同社はジュエリーブランドの立ち上げにより、MSGに対するネガティブなイメージの払拭を狙う。