【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

インドネシア水力発電事業へ出資参画|中国電力株式会社

中国電力株式会社は、北スマトラ州における水力発電事業へ出資参画するため、同社子会社を通じて発電事業会社であるPT. Energy Sakti Sentosaの発行済株式の25%を取得する売買契約をPT. Kencana Energi Lestari(以下、KEL社)と締結したことを1日、発表した。海外での水力発電事業およびインドネシアでの発電事業は、ともに同社初となる。

この事業は、発電事業会社が運営する水力発電所(パカット発電所・商業運転中)で発電した電気を、インドネシア国有電力会社(PLN)との長期売電契約に基づき売電し、安定的な収益を確保するもの。

また同社は、売買契約締結と合わせて、KEL社と水力発電事業全般に関わる助言などを行うアドバイザリー契約を締結するなど、今後KEL社が開発する予定の複数の水力発電事業への参画についても検討を進めていく考えだ。

 

記事カテゴリー