【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ライオン航空グループ、10日に国内線の運航を再開

(c) TheJakartaPost

インドネシアの航空大手ライオン航空グループは10日、国内線の運航を再開する。運航に当たっては、感染防止に向け、決められた規定を守るとしている。

ライオン航空グループは、政府の新型コロナウイルス対策タスクフォースが「新しい日常」における移動に対する要件をまとめた通達7号(7/2020)を出したことを受け、国内線の運航再開を決めた。

新たな規定では、搭乗客は新型コロナウイルスの感染に関して調べるPCR検査か迅速検査で陰性だったことを示す書類を提出することが搭乗の要件となる。

PCR検査と迅速検査を受けるための施設が近隣にない場合、インフルエンザに類似する症状がないことを示す医療機関やコミュニティー医療センターの証明書を出すことが求められる。

ライオン航空グループは5日には、多数の乗客が搭乗時に提出を求められる身分証明書や新型コロナウイルスに感染していないことを示す医師の診断書などを出せなかったことから、混乱を避けるために運航を一時停止した経緯がある。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー