空軍で女性が初めてロードマスターに就任

(c) TheJakartaPost

インドネシア空軍で、ロードマスター(貨物や重火器の搬入や搬出の搭載管理者)に史上初めて女性のデワ・アユ・アルディクナ・スアリ氏が就任した。

アユ氏は25歳で2017年に空軍学校を卒業した。3カ月間にわたるロードマスターの訓練を6月24日に終え、東ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍基地に配属された。今後、貨物等の安全な搬入や搬出に責任を持つこととなる。

アユ氏はバリ州ギャニャール県出身。記者会見でアユ氏は「神のご加護や両親と姉妹の援助、そして先輩たちの支援が無ければ、ロードマスターになることはできなかったでしょう」と語り、将来的には空軍により多くの女性のロードマスターが就任することを期待していると加えた。

空軍では5月にも25歳の女性が、女性としては初めて戦闘機パイロットになり話題となった。