【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

誘拐された子ども8人無事救出犯人は逃亡

(c) Tempo

6月27日、西ジャワ州デポック市で12~13歳の少年少女8人が見知らぬ男に誘拐される事件が発生した。

8人は近所の市場で遊んでいたところ、男からマルゴンダ(地名)でオンラインゲームをしようと誘われ承諾し、アンコット(乗り合いバス)に乗せられた。8人のうち6人は少年、2人は少女だった。別のアンコットに乗り換える際、不審に思った4人の子どもが逃走に成功し、東ジャカルタ市で警察に保護された。

デポック市の地域警察は4人から得た証言をもとに犯人の特徴を把握し、周辺地域のターミナルを巡回中に残りの4人を発見、無事保護した。4人の子どもは「もし逃げたら殺す」と犯人から脅されていたことが分かった。犯人は警察の捜査に気づき、逃亡した。

地元警察は「容疑者の身元割り出しは進んでいる。子どもたちの保護が最優先だ」とコメント。少年少女が犯人から暴行を受けたかどうかについては、今後詳しい状況を聴取する。

 

記事カテゴリー